ひだりのメモ帳

池上彰教授の東工大講義 世界編/池上彰

a0011031_11253628.jpg
池上さんの本はやっぱり読みやすくて面白いですね。
世界には知らないことがいっぱいあるなあ。

メモ
-----

・高校までの学習過程には、学界の多数派が「正しい」と認めた内容が盛り込まれている。
 学界で定説になっていない理論や学説は入っていない。
 
・核兵器保有は合憲との判断が政府見解として確立されている。
 日本政府としては自衛のために核兵器を持つことができるが、政策上の方針として
 一切の核兵器を保有していない状態

・どの国を中心に見るかで、世界地図の見え方は異なる。
 アメリカの世界地図では、アメリカと欧州は非常に近く、
 インドシナからインド・パキスタン付近が分断され、位置関係が不明確になる。

・株式会社が作られたのは、船での貿易がはじめ。
 船が戻ってこないと資金を返せないため、金融機関の融資や社債発行とは異なる、
 返済義務の無い資金調達手段が必要だった。

・株式会社は法人。人でないものを法律上、人として扱う。
 株式会社を法律上、人と扱えば会社組織が土地や建物を持つことができるので、
 社長や経営陣が代わっても会社が存続できる。
 
・何かの行動を取るとき、別の何かの可能性を犠牲にし、機会費用を払っていること
 を自覚すること。
 
・アメリカでサブプライムローンが拡大した要因のひとつは、借金が返済できなくなった
 場合、担保の住宅を引き渡せばそれでおしまい、であったこと。
 借金が残る可能性のある日本とは異なる。
 
・年金とは保険であり、長生きのリスクに備えたもの。

・テレビではCMが多すぎないように基準が設けられている。
 60分番組だとCMは6分しか入れられないが、54分番組+6分番組だとCMは8分入れる
 ことができる。

・テレビの視聴率に当然ながら誤差がある。
 「視聴率10%」と出たとき「誤差はプラスマイナス2.4%以内に留まる可能性が95%」

・大統領は国家元首であり、首相は行政のトップ
 そのため、国王や女王がいる国には大統領は存在しない。

-----

読んでもすぐ忘れるのが悲しいところ。
これも読んだのだいぶ前なのでメモるためにざっと読み返したらほとんど覚えてなかった。
メモマークをつけていないところにも面白いところがいっぱいあったけど、とりあえず。
[PR]
by lef_hidari | 2013-06-11 11:25 | Book